2016年2月12日金曜日

先月末にドコモにMNPした時の費用一覧

以前、ドコモにMNPしてきました(http://i10ugdeb.blogspot.jp/2016/01/mnp.html) という記事を書いたのですが、掛かった費用が確定したのでそのお知らせです。

【転出前の回線】

  • ソフトバンク
    • 25ヶ月目のため解除料0円
    • MNP転出 3,240円
  • mineo(Aプラン)
    • 初期費用 Amazonのパッケージ利用 972円
    • 音声+500MB 1,310円
    • MNP転出 12,420円
トータル 17,942円


【転出後の回線】

(1ヶ月目)
合計 11,360円(請求上は11,359円)

(2ヶ月目~12ヶ月目)
12ヶ月間はドコモにチェンジ割があるので毎月3,892円です
 (13ヶ月目~24ヶ月目)
13ヶ月目から24ヶ月目までは毎月5,350円です。
という具合になりました。

今回掛かった費用と収入、毎月の使用料を計算すると、

(支出)
  • 転出前初期費用 … 17,942円
  • ランニングコスト
    • 1 11,359
    • 2~12 3,892*11
    • 13~24 5,350*12
    • トータル … 118,371円
  • 支出合計 136,313円

(収入)
  • iPhone6キャッシュバック … 20,000円(iPhone6s+iPhone6一括)
  • 端末売却による利益
    • iPhone6s 16GB … 55,000円
    • iPhone6 64GB … 50,000円
  • 収入合計  125,000円

単純な収支で見るとマイナスにはなりますが、それでも24ヶ月間は毎月500円でカケホーダイとSIM2枚でパケット2GBの回線を使える計算になります。

自分としてはそれなりに納得の行く買い物だったと思います。
今後は、パケットをシェア5GBにする可能性などもあるので、その時はまた料金が変わりますね。



実は、この時はあまり考える余裕が無かったのですが、実は回線の組み方ではもっと安く使えていた事が判明しました…

(今回やったこと)
通話回線→iPhone6s
シェア回線→iPhone6   で契約

(本当はこっちの方が安かった)
通話回線→iPhone6
シェア回線→GalaxyS6 Edge  で契約

ドコモにチェンジ割を1回線分殺してしまっているので、Androidの月々サポートが多い機種にした方が毎月の使用料は安くなっていました。
  • 本体価格はiPhone6sもSC-04Gも同じ
  • 買取価格はiPhone6sの方が3000円高かった
  • 月々サポート 3456円→3888円(プラス432円)
  • 1ヶ月目にデータ化した時に丸々発生した、ドコモにチェンジ割の1350円の割引なし
そうすることでトータル6000円も安くなっていました。 

それを言うと、iPhone6も16GBと64GBでキャッシュバック金額の差と買取価格で16GBの方が1000円高くなったりしていたのですがね…

トータル6000円を取るか、13ヶ月目以降解約しやすい回線を取るか、で言うと、解約料払ってでも使わない回線を解約したほうがオトクなので、自分の選択に間違いはなかったと信じたいです。


2月から、総務省のご意向でキャッシュバックや極端な割引はなくなりました。

しかし、今後はキャリアも何らかの方法で対抗してくるでしょう。

今後の動向に注目ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿