2017年9月20日水曜日

中型限定8t解除をしたよって話 Part2 ~教習準備~

前回からの続き。



自動車学校で中型8t限定解除の申込をしようと思ったのですが、仙台近郊でやっている自動車学校はおよそ5校。その中で家から近くて安いところにしました。お値段おおよそ11万円。

申込書を貰いに行き、聞きたいこと(車通学可能か)などを一通り聞いてきました。

教習についての注意点は

  • 入校式が必要(祝日を利用)
  • 申込日から3カ月以内に教習を完了して、卒業検定まで修了させること
  • 1日2時間まで最大で乗れるけど、トータル9時間+卒検で最短6日かかる
  • 卒業検定後6カ月以内に自動車学校にいくこと
とのことだったので、多分大丈夫だろうと…
お金を一括で支払い、そのまま深視力検査と写真撮影へ。

深視力検査という、3本の棒のうち真ん中だけが手前と奥に移動しているやつでして、2本の棒と並んだ時にボタンを押して、3回やって誤差平均が2センチ以下、みたいなやつ。詳しくはググって。初めてだったので「へ?なにこれ?」って感じで1回目は誤差平均が1.5センチ、2回目はコツを得たので誤差平均2ミリでした。次回の免許更新の時から深視力検査がありまして、これで落ちると中型が無くなって普通(3.5トン)になるらしいです。ヤバいね!

普通車や二輪の人たちと違い、配車は機械ではなく、受付で直接予約が必要とのことだったので、帰りに翌週の入校式の予約と配車予約をしてきました。

~~~~~

そして入校式当日。入校式が午前10時からで、結構早かったのですが、ちょいはやめに登校しました。そして到着後に気づいたこと。

「教習手帳持ってきて無いじゃん」

教習自体は午後からだったので、入校式終わってから取りに帰ろうってな感じで大丈夫でした。学校とかかれこれ10年以上も通っていないと何か気が抜けてるよね。

とりあえず入校式。参加者は僕入れて3人。少なっ!と思ったけど、祝日だしそんなもんかしらね。先生が来て「入学おめでとうございます~ナンタラカンタラ」って話をしつつも、僕=中型限定解除、右のおじさん=大型自動二輪AT限定解除、左の若い子=小型自動二輪という、普通車ゼロかよ!って突っ込みたくなる感じでした。

そして、このあと、適性検査をやりまして、入校式終わり。適性検査は適当にやったらすごく内容悪かったっすね。嫁に見せて捨てたわ。適性検査の内容と免許は関係ないらしいので、まぁどうでも良い。むしろ悪いくらいの方が、優しく教えてくれるらしい。らしいだけど。

そういうわけで、終わってから一旦家に帰って、教習手帳を持って、その日の教習を受けことに。

Part3に続く

0 件のコメント:

コメントを投稿