2017年11月22日水曜日

仙台の自動車専用道路関係

ちょっとしたまとめ。



①東北自動車道

仙台宮城ICまで市内から「仙台西道路」という自動車専用道があるため、市内中心部へのアクセスは良好だが、時間帯によっては渋滞地獄。なお、仙台市内の区域はほとんどの区間が常時80km/h規制。泉ICは国道4号沿い。仙台南ICは国道286号沿い。国道4号線扱い。


②仙台東部道路
基本田んぼか道路の上に建ってる。仙台港北より北部は三陸自動車道へ直結、亘理ICより南は常磐自動車道へ直結。ほとんどの区間が100km/h。しかも直線が多いためスピード狂大歓喜。そのためか覆面パトカーも多いがオービスは2017現在ない。津波被害を食い止めた功労者であり、その後高台避難場所になってる。国道6号線扱い。


③三陸自動車道
上記仙台東部道路の仙台港北ICから直結。そのまま北に行くと三陸北縦貫道路→八戸久慈自動車道と繋がって八戸まで繋がる予定。松島とか石巻とか気仙沼行く人用。2017現在は鳴瀬奥松島IC以北は無料。昔オービスあった気がしたけど今はないはず。国道45号線扱い。

④仙台北部道路
東北自動車道と仙台東部道路(三陸自動車道)を結ぶための道路。富谷ICは北部道路専用のインターチェンジで、東北自動車道の乗降が出来ない。(どうしても富谷ICで乗降したい場合には北部道路→東部道路→南部道路→東北自動車道(または逆)と迂回する必要がある)ほぼずっと一車線区間。トヨタのための道路と言われた。国道47号線扱い。

⑤仙台南部道路
東北自動車道と仙台東部道路を結ぶための道路。山田ICは南部道路占用のインターチェンジで、東北自動車道の乗降ができない。ただし、富谷ICとは違い、仙台南ICが近く渋滞も多くないため、仙台南ICから乗った方が良い。高架の道路かつ宮城県の道路だったため、税金の無駄遣いと批判が多かった。今はNEXCO。国道6号線扱いだが、NEXCOのナンバリング的にはE48なので48号線同等って事だろう。

最後に
仙台都市圏環状自動車専用道路ということで北は北部道路、南は南部道路が東西に縦貫する高速を結んでいるわけだけど、市内中心部に居ると、乗る方向でインターチェンジ変えるよねってのと、東北道⇔東部道で移動する機会があんまりないので、何のために自分で書いたのかすらわからない。

0 件のコメント:

コメントを投稿