2019年2月13日水曜日

2019年パソコン組んだらスッポンして死んだのに生き返った

2019年になって、2017年末からずっとやらなくちゃと思っていた動画編集が溜まっていたものを消化すべく、PCを買ってモチベーション上げました。


今回組んだ構成としては、動画編集&エンコード&書き出しがしやすい感じのスペックにしようと思ったものの、適当に選んだところあまり情報が無いものになってしまったので、初心者の方にはオススメしない構成となってしまいました。

おそらく検索で引っかかって見に来る方もいるとは思いますが、詳細についてはTwitterかなんかで質問してくださいw

PCスペック

  • Ryzen7 2700X 一番お買い得なミドルハイで選ぶ
  • Deepcool gammaxx L240 ドスパラで安かったので買ってみた
  • ASUS PRIME X370-PRO ASUSのPRIMEシリーズ良いよね
  • UMAX DDR4-2400 16GB*2 間違えて2400。クロックアップ余裕なので良いことに。
  • WD BLACK(2018) 256GB / BLUE SATA M.2 1TB ドライブ積みたくないのでM.2
  • GTX1060 6GB CUDA使える中でそれなり。適当。
  • 550W 80PLUS GOLD 700WのPlatinumか迷ってこっち。安いから…
  • JONSBO U4R 見た目?より、省スペースで安いやつで選ぶ

CPU、CPUクーラー、グリス、ケースファンは後日購入したもの

ちなみにこれが最終スペック。

第零章 ~ふえぇ…メインPCちゃんがPCじゃなくなっちゃったよぉ~

2017年1月に組んで、その後いろいろとパーツ変更していたKabylake i5-7500のPCでしたが、 ケースのサイズも大きくて「あっコレHDD蔵にした方が使い勝手良くなくない??」みたいな軽いノリで、グラボ刺さってないからPCIeのレーン的にもちょうど良くて以前から使っていたMegaraid SAS 9260-8iを2枚にして16基のHDD蔵に。まぁ要はファイルサーバーですな。OSはWindows10Proのままだけど。って事で良かったんだ、その時は。んで、メインPCはSurfaceProでいいやって思ってたんだけど、「ワタシニハ ドウガヘンシュウ ト カキダシ ト ヤラネバナラヌコト ガ アッターー」ってゆっくりみたいな感じで思い出したので、結局PC組みなおすことに。おそらく、ファイルサーバーを見繕ってi5のマシンを生き返らせるよりかはよっぽど楽でしょう、的な、ね…

以前のメインPCちゃん。

第一章 ~うるさいんじゃボケ~

今回、PCを組むにあたり、今まではPC全体を見直し?して組み直すことが多いんですが、新規で1台丸々PCが必要だったため、構成については丸々1台分買いました。Amazonで。しかし、当初の予定だとCPUクーラーは付属のクーラーで十分冷えるとの事だったので付属クーラーで行く予定でした。Amazonで発注して3日後に到着(日にち指定)。

買ったPC一式。

到着後1時間で組み込み完了。そしてスイッチオン。そしてびっくり。非常にうるさい。とりあえずCINEBENCH。ちょうど40度超えたあたりからCPUファンのブンブンがたまらん。しかも100%使用8コア16スレ4GHzを15分駆動しただけでCPU温度が80度に。これはいけません。組んだ翌日にドスパラに直行して、AIOの水冷を買ったわけですがこれが罠でした。

爆音PC完成!


第二章 ~スッポン!スッポン!ダメだこりゃ~

簡易水冷を買った日は買うだけだったのですが、その翌日にようやく組み込み。そこでソケット型CPUお約束のやつやっちまいました。そう、SUPPONことスッポン。スッポンとは、CPUクーラーを外す際にグリスに固着したCPUごとマザーボードから外れるやつ。スッポンしても問題なく動く事もあれば、動かなくなることもある。ちなみに今回は後者。ピン足が曲がってしまい、自分で直したものの、メモリ1本の時しかPOSTしなくなった。多分CPU内蔵のメモコンが壊れたっぽい、との意見あり。困った。まだ2時間も通電してないぞRyzen7。泣きそう。
CPUは一旦諦めて、それ以外を組み込み。配線前やね。
240mmのラジエーターをこのケースに積んでる人見たこと無かったので、フロント吸気を維持すべく、ラジエーターのファンは吸気に設定。ちなみに底面にもファン設置。これも吸気。向き的には右下から外気、右上から熱気、左上で廃棄を予想。このケース、結構負圧気味っぽいレビューを見ていたので吸気を意識しておいた。

第三章 ~希望の光~

スッポンした翌日、休日だったため、新しいRyzen7を買いに出かけようかと思ったが、今回PC一式を購入したため使える金はほとんどない。仕方ないのでP店。

ガラッガラのホールで爆音AKB。もちろん4円。

はい。ありがとうございました。

その足でパソコン工房に向かい、新しいRyzen7を購入。前日のピン曲げ品はジャンクでバレないように適当にオクで売るか~~とか思ったものの、とある犬系フォロワーから「CPU壊したの、カード会社に相談したら?」との事。そういわれてみれば、クレジットカードに「ショッピング補償」ってあるよなぁという事でTEL。電話口の方が比較的話がスンナリ通る方で、「多分大丈夫かと思いますけど、明日担当者からTEL差し上げます」という話になった。翌日、クレカの補償の保険会社(東京海上)から電話があって、必要なものとか書く書類とか送ります、で終わり。ただ「修理不能証明」が必要とのこと。。。ちなみに免責金額は3000円とかって言われた気がする。

完成。

第四章 ~結局・・・?~

「修理不能証明」って要するに「この商品の修理無理だよ」って修理会社、メーカー、代理店なんかで証明してくれればって事なんだけど、これをAmazonに依頼。するとAmazonから「もうめんどいんで交換するわ」と言う話になり、単純に交換という形になりました。ただ、交換って言ってもすでに新しいの買ったので返品で良いかと聞くとOK。結局返品扱いで話が終わり。なんだったんだろうか。

そこに至るまで特にPC弄るヒマも無かったので、ほぼほぼ放置していたが、ようやく使っていたソフト類も入れて使えるようになりました。

最終章 ~満足かどうか~

結論から申し上げると「大変満足」です。
  • CPUサクサク。コア数だけじゃなく、ブースト4GHz出るし動画編集もエンコードも良い感じ
  • 水冷にしたおかげで、CPU100%が続いてもせいぜい65℃。夏も大丈夫そう。
  • メモリはオーバークロックして2933駆動でも余裕。
  • CUDA使うのはGTX460以来だけど、非常に高速。
  • 3Dゲームやらないけど、ベンチスコアは上々。
  • AURA SYNCでCPU温度をRGB表示。ちょっとバカにしてたけど案外使える。

今まで使っていたWindowsのデスクトップガジェット「Akabei Monitor」が動かなくなりました。ちょっとだけ不便だけどRainmeter入れといた。

こだわりポイント → 特になし

今後やりたいこと

  • ファイルサーバーマシンとこっちのマシンを10GbEで接続。
くらいなんですよね。GTX1660Tiも気になるけどまぁ無いかな。CUDA使うならGTX2060の方が良さげ。そんなわけで、また2年は使えるPCかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿